前文

このエントリーをはてなブックマークに追加

WHFUAは中高生に世界史を教える上で、影響力のある革新的なカリキュラムモデルである。

WHFUA:

・教授単元、授業プラン、資料の宝庫を提供する

・多くの文明のつながりのない物語ではなく、単一の物語として、人間の過去を描く

・教師が州のスタンダードやナショナルスタンダートと向き合うのを援助する

・教師が多くの人々、地域、時代を視野に入れて、世界史を探求することを可能にする

・具体的な事例をより大きな歴史のパターンに関連付けることで、生徒が過去を理解することを支援する

・日々更新される歴史研究を用いる

・多様な世界史プログラムに容易に対応する。

WHFUAは、K−12教師(小中高教師)、大学教授、教育技術の専門家からなる国家規模の共同研究である。UCLAのNational Center for History in the Schoolsと共同研究しているサンディエゴ州立大学のプロジェクトである。WHFUAは継続的なプロジェクトであり、開発中の部分は、今後サイトに上げていく予定である。


教授単元:構成と指標

このモデルカリキュラムは教授単元を3つのカテゴリーに分類する。カテゴリーの基準は時間のスケール、地理的空間、探求すべきトピックの題材である。このシステムは広範囲な国際的変化から、地域、文明、国家内の発展までを学習する教師や生徒の手引きとなるよう設計されている。教師は、時代の変化の概観に着目することで、僅かな授業時間で大きな時代(Big Era)全体を生徒に紹介することを決定するだろう。もしくは、時代の詳細を考察するために、いくつかの教授単元を3つ全てのスケールのカテゴリーを用いながら、より多くの授業時間を当てるだろう。教師は大きな時代に当てる授業時間を彼らの力量や関心、州や地方の内容スタンダードと調整するだろう。歴史のスケールについてより検討するには、「カリキュラムの基礎(」の中の「なぜ探求的世界史カリキュラムなのか」をご覧ください。

パノラマ教授単元

 世界史の9つの大きな時代に加えて、「歴史、地理、時間」「過去と未来」のそれぞれで、一つのパノラマ教授単元を提供する。パノラマ単元では世界史の巨大なスケールの発展を取り扱う。それぞれ一つずつ、パワーポイントの概説プレゼンテーションを含んでおり、教師や生徒はHTMLまたは自らのパワーポイントにダウンロードすることで、概説プレゼンテーションを見ることができる。

 パノラマ単元は、1週間または2回の授業時間以上を必要としない、僅かな時間で世界史の時代全体を教授するモデルを提供する。こうして、生徒たちは時代の大きな変化のパターンを学ぶことができるだろう。パノラマ教授単元は、教師が望んだり、州や地方のスタンダードが義務付けたりする場合には、他の時代より特定の時代に多くの授業時間を捧げることになる。パノラマ教授単元は大きな時代単元の時間枠組みに合わせてある。つまり、大きな時代1単元(130億〜20万年前)は大きな時代9単元(1945〜現在)単元より多くの時間枠組みを含んでいる。

ランドスケープ教授単元

 大きな時代各々に加えて、「歴史、地理、時間」「過去と未来」で2つから7つの景観教授単元を提供する。景観単元ではパノラマ単元ほど広範な主題ではないが、世界史の比較的スケールの大きな発展に着目する。全ての景観単元は、地域横断的、文化横断的、比較要素を含んでいる。教師は、自らの関心や、学校カリキュラムの規定、可能な授業時間数に従い、景観単元を柔軟に使用することができる。

クローズアップ教授単元

 多様なクローズアップ教授単元は大きな時代のそれぞれで開発されている。クローズアップ単元は、パノラマ、景観単元のどちらよりも、時間、空間、主題により厳密な世界史のトピックを取り扱っている。これらの単元の幾つかは、1つの大きな時代以上の内容を含むトピックを取り扱っている。教師は、世界史の具体的な要素を、より深く探求するために、クローズアップ単元の中から選択することができる。クローズアップ単元は、次々とカリキュラムに追加されるだろう。私たちは、カリキュラムに含めるクローズアップ単元を考案するために、歴史教育者や社会科教育者を招いている。クローズアップ単元についてより多くの情報を得たければ、ホームページ上の「Contact Us」に移動してください。