4.2 東アジアにおける複雑な社会の拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、この単元か?

多くの先生が世界史の教育課程において現代中国について議論している。彼らは、中国式の政治手腕(国政術)が、数千年も前の商の時代に始まり、20世紀にまで続いたと話をしているかもしれない。また、こうした政治手腕は日本やベトナムを含む東アジアの他の地域にも広がった。本単元は、「大政府」が東アジアの大陸部の永続的な特徴となっていく形成期を探究する。この単元は、初期の中国の支配者が、ナイル川流域、ティグリス・ユーフラテス川流域、インダス川流域の初期の複雑な社会の中で用いられているのとはまた異なる方法で、どのように科学技術を使用したかを、教師がより完全に説明するのに助けとなるだろう。商王朝によって形成された中央集権化した権威は、軍事力と農業の両方のツールの技術革新を奨励した。また、商時代はまた「天命」に向けての基盤を築いた時期である。「天命」とは、中国の支配者によって実行されていた政治手腕の壊れないスタイルを示すために、ほとんどの教師が使用している概念のことである。商の君主は、彼らの中心的神性である帝(Di)にメッセージを中継するように彼らの祖先に頼むために、決められた儀式用の生贄をささげた。商王朝に続く周王朝の間、帝は宇宙における道徳的秩序についてのより抽象的な考えになった。この周時代の概念は、より正式な「天命」についての考えにつながった。
 本単元はまた、東アジアにおける主に定住農民と内アジアの主に遊牧民との関係が、両地域の中央集権化国家のスタイルに対して、いったいどのような影響を与えたのかに関しての歴史的議論を紹介する。 
 歴史家はまた、古代の複雑な社会がいったいどのような様子であったのかを解釈するために、まだ発掘されていない墓からの証拠に依拠することもある。教師は、古代エジプトのツタンカーメン王の墓や秦の始皇帝の墓地にある興味深い宝物の写真を見せて、生徒たちの興味を育てることができる。東アジアの複雑な社会の社会階層において、王室の墓が果たした重要な役割について、生徒たちは考えることになるだろう。


単元目標
 この単元を修了すると、生徒は次のことができるようになる。

1.東アジアの初期の複雑な社会をメソポタミアや古代エジプトのものと比較することができる。

2.中国の商および周王朝時代の社会の階層別化、労働専門化、祖先崇拝、および技術に関するデータをカテゴリー分けできる。

3.ユーラシア内陸の牧歌的な遊牧民グループが、東アジアにおける初期の複雑な社会をどのように考えているのかを説明することができる。

4.商と周の時代の埋葬や犠牲の儀式の役割と歴史的意義について孔子がどのように考えていたのかを知るために、孔子の著作の主要な説明文を活用することができる。

時間と教材
 教師は、本単元のすべてのレッスンを完了するのに約1週間必要となる。時間が限られている教師は、レッスン1だけ活用して、東アジアにおける複雑な社会の出現の風景(ランドスケープ)を生徒に見せるべきである。

教材
・東アジアの概要図。
Patricia Buckley Ebreyのウェブサイト「中国文明のビジュアルソースブック」、ワシントン大学へのアクセス、http://depts.washington.edu/chinaciv/ また、商王朝や周王朝の墓の掘削に関する書籍を見てください。
・生徒が墓を描くための大きな紙や図画資料。
・儒教の経典からの抜粋。
・読者の劇場用スクリプトのコピー。


歴史的文脈
 本単元は、人間と環境、人間と人間、人間とアイデアの3つの本質的な問いのすべてに対処していく。第一に、その性質上、最も初期の複雑な社会は、定住農業共同体の成長を可能にする特定の環境に根ざしている。第二に、政治的および経済的な相互作用の複雑さの増大を学習の焦点とする。そして第三に、東アジアにおけるこの特定の複雑な社会で発達した考え方は、多少なりともそれをユニークなものにする。
 現在は「華北」として知られる地域での初期の定住型の農業共同体は、東半球の他の地域の初期的な農業共同体とほぼ同時期、紀元前2000年頃までに生じた。これらのコミュニティが初期の文明に成長することは、文字体系、城壁のある都市、中央政府、軍隊、貿易体系、政治権力の闘い、成文化された暦に基づく公的儀式を含む宗教といったところに見ることができる。華中と華南には、美しい彫刻が施された装飾品が飾られた墓地があり、ここにも文明があった証がある。華北で起きた文明は、特に儒教思想の発達の後、東アジアの大陸部全体を支配するようになった。
 華北の初期の文明について最もよく知られているのは商王朝で、約1750年から1040年の間、華北を支配した。商の軍事統治者は、彼らの追従者に報酬を与える方法として土地を使用し、農業および遊牧民を支配しようと試みた。商は、カメや牛の骨に多くの碑文を残した。よく知られているように、これらの神託となる骨の碑文からは、君主が彼らの世界について持っていた問題関心を伺うことができる。
 紀元前12世紀には、周王朝が商王朝を倒し、これにとって代わった。この新しい王朝は、紀元前1122年から紀元前256年まで続いた。元々周は商王朝の臣民であったのだが、領土を広げていった。周は公式の史書において、商王朝の退廃的な堕落が、支配階層が商の帝の承認(これは後に「天命」という中国の思想と直接一致するようになる超自然的な力のことである)を失ったことの原因であると主張した。周の支配層は、宇宙の力がその為政権と同意を周に与えたのだといった道徳的な主張をした。周王朝はBCEの第3世紀まで少なくとも何らかの儀式的な力を有していたが、領土的・経済的な王権の力としては、他の中国歴代王朝のほとんどと同じ程度の長さ、だいたい300年間しか続かなかった。
 紀元前8世紀に王朝が弱まった後、中国は500年以上の政治的不安定と混乱に陥った。この時代の後半は、戦国時代(紀元前403年~紀元前221年)と呼ばれた。この数世紀の間、哲学の学派は競い合ってその当時の政治問題への解決策を提案するようになった。そのうちの1つは儒教であった。 紀元前5世紀に、孔子、すなわち「孔先生」は、国民に道徳的な模範を提供して、政府の指導者に有利な一連の議論を展開した。彼は今日の私たちが知る事の出来る本を残していない。彼の根本的な教えは、死後ずっと後になって編集された『論語』、つまり「名言集」と結びついている。儒教には『論語』の他に4つの主要古典がある。すなわち、『礼記』『詩経』『春秋』『易経』である。孔子の信奉者の一人である孟子(紀元前371年~紀元前-289年)は、本の編集と執筆を続け、儒教の思想に関するテキストの実質的な体系化に貢献した。やがて儒教の文章全体が、中国皇帝政府が公職の候補者を募集する官吏登用試験の基礎となった。この試験制度は、漢王朝(紀元前3世紀〜紀元後2世紀)で始まったが、唐時代(紀元後6世紀〜8世紀)に顕著になった。





          レッスン1:東アジアの複雑な社会の誕生

導入

このレッスンでは、紀元前2000年から紀元前1000年頃にかけての中国の墓の持つ機能と意義を生徒は比較することになる。彼らは初期の東アジアの複雑な社会の特質を何らかの形で理解していくために、商と周の王朝の墓とそこに埋葬されている遺品などのデータを分析することになる

  このレッスンでは、生徒はPatricia Ebrey教授が開発した電子リソース「中国文明のビジュアルソースブック」を使用する必要がある。このウェブサイトは、東アジアの初期の複雑な社会についての詳細な情報を提供する。Patricia Buckley Ebrey「中国文明のビジュアルソースブック」を参照のこと(ワシントン大学。 Http://depts.washington.edu/chinaciv/ )「教師用ガイド」をクリックし、「古代墓の教師用ガイド」をクリックして下さい。

準備
 このレッスンを始めるに当たって、生徒に尋ねる質問は以下の通りです。

.どうして考古学者は、大時代区分4の時代の巨大墳墓を見つけてきたのだと思うか。

.川の流域に住む人間の住居についてあなたが既に知っていることは何か。

.メソポタミアやエジプトの初期の複雑な社会とは同じでもあり違ってもいる東アジアの初期の複雑な社会について、あなたはどんなことを学べると期待しているか。

生徒たちには自身の回答について記録させ、ハンドアウト1.11.2の中で彼らが学ぶ新しい情報とそれを照らし合わせるようにするべきである。

活動
レッスン1

.ハンドアウト1.1の情報と、上の準備問題への彼らの回答とを比較するように生徒に指示しなさい。次の問いについて簡単な議論をさせなさい。

〔発展活動〕ハンドアウト 1.1の情報と、教科書に記載されているこの主題の資料(もし教科書を使用しているならばだが)を比較するように生徒に指示しなさい。生徒はたいていの場合、墓から発掘された遺品の活用に疑問を抱くため、墓地から遺品を取り出して、分析し、公開展示する学者たちの倫理について話し合うことになるかもしれない。

. ハンドアウト1.2を参照にしながら、生徒は説明されている3つの墓で発見されたアイテムを考慮すべきである。東アジアにおける初期の複雑な社会の性格について、墓の内容が私たちにどのような内容を示すかを分析するべきである。生徒は多くの場合、多数の豪華なアイテムに焦点を当て、公的および私的な環境でどの物品が用いられたのかと疑問に思うかもしれない。これらの墓で見つかった物品は、古代エジプトの墓でも発見される可能性がありますか?エジプトではどのような物品が見つからないでしょうか? これらの比較は東アジアにおける初期の複雑な社会の特徴を分析するのに役立つだろうか?

授業に時間がある場合は、生徒に商王室の家族のための墓を作成するハンドアウト1.3を活用するように生徒に指示しなさい。生徒は粘土やその他の材料を使用したり、墓の上に墓を描いたり、墓の遺物の画像を見つけたりするかもしれない。また生徒は、建設プロセスに携わる様々な種類の労働者と監督者が、どのように商社会の階層化の側面を明るみにしているのかについても議論するかもしれない。

生徒のグループに、生徒用ハンドアウトにある「アクション・カード」の一つを与えなさい。そしてこのカードに示されている社会的職業集団の仕事や考えていることについて、ロールプレイをするように指示しなさい。

墓について研究するだけの十分な時間が生徒似合ったなら、こうした活動をした後、次のような質問に答えるように彼らに指示しなさい。
.人々の仕事は、商社会における彼らの地位をどのように反映しているのか。
.異なる社会的・職業的集団は、王室の墓の建設において彼らが果たす仕事について、どのような考えを持っているのか。
.商では、親族が次の世界に行っても大丈夫なように召し使いを与えるために、墓の中に男女を生け贄として埋葬していた。人間の犠牲と商の隣国との争いとの間にはどのような関係があったのだろうか。
.墓から発見した物品から歴史解釈をする歴史学者や考古学者の限界はどの点にあるのか。初期の複雑な社会について彼らが説明していく上で役立つことになる情報には、他にどのようなものがあるのか。




レッスン1
生徒用ハンドアウト


                  古代の墓の意味

 儀式的な埋葬は人類と同じくらい歴史の古いものです。人間と他の霊長類を区別する行動の一つです。最も初期の複雑な社会では、地域の宗教に従って統治者のために精巧な墓が作られました。さらに、初期の複雑な社会の支配者は、墓のような記念碑的な建築を通してその力をみせつけようとしました。エジプトのツタンカーメンの墓は、20世紀の考古学者によって発見された最も有名な埋葬地の一つです。この墓地は、次の世界で王様に奉仕するために犠牲にされた人間と贅沢品の両方が埋葬棺(石棺)から発掘されました。ツタンカーメン王は、古代エジプト人が一種の不滅を信仰していたこともあり、彼の体を守るために設計された化学物質で包まれて保存されていました。

 中国の黄河流域では、20世紀に商と周の王と貴族階級の人々の墓が発見されました。これらの墓には、埋葬棺、高級品、人間の犠牲が含まれています。商と周の墓の目的は、次世代の贅沢、すべての快適、この世界で彼または彼女を助けてくれた奉仕者を死者に提供することにありました。墓は、家や宮殿の部屋のように配置されていました。東アジアの墓は古代エジプトの墓と同じ目的を持っているようです。

 農業者が黄河とその支流域で生産できる余剰食糧のために、商と周は支配者や貴族のための精巧な墓を造ることができました。黄河は長さ5397マイル(5,464キロメートル)で、チベット高原から東に向かって太平洋に向かっています。黄河は東に移動するので、険しい川沿いの荒廃した土壌を運び、平野の北部の平原まで運ばれます。黄土と呼ばれるこの土は、絹で黄色がかった茶色であり、耕作を簡単にするのに十分な軽さです。中国の2つの初期の王朝は、黄河流域の肥沃な土地に生まれました。メソポタミアやエジプトのように、小麦のような栽培植物が容易に栽培されましたが、年間降水量が少ないため灌漑には河川水が必要でした。灌漑は、農家が豊かな作物を生産することを可能にしました(少なくとも、ひどい渇水や激しい洪水がなかった時には)。支配者は税金を農民に課税し、それを用いて精巧な墓を建設しました。




レッスン1
生徒用ハンドアウト1.2


                 古代中国の墓の中身

中国の考古学者は、商王族の墓を数多く発見してきました。それらのほとんどは過去に略奪されていましたが、王の配偶者婦好(Fu Hao)の墓は盗掘にあっていなかった。中国史の専門家Patricia Ebreyによると、「婦好は、武丁(Wu Ding)王の配偶者として甲骨の碑文に言及されており、いくつかの軍事作戦にも参加した将軍でもあった。 彼女は重要な生け贄の儀式を主宰し、彼女自身の財産を管理しました」。この墓は、商時代の墓の中では、王族に属している人物の中で、唯一盗難にあっていないものです。この墓は、紀元前1250年頃のものです。考古学者が彼女の死体と遺物を発見したとき、彼らは6頭の犬と16頭の人間の骨格(おそらく次世代で彼女を助けるために犠牲にされた人々)を発見した。

Patricia Buckley Ebrey, “A Visual Sourcebook of Chinese Civilization,” University of
Washington, Http://depts.washington.edu/chinaciv/.

安陽にある婦好女史の墓(武丁王の配偶者)
130の武器、23の鈴、27のナイフ、4枚の鏡、4頭の虎と虎の頭を含む468もの青銅のオブジェ
755もの翡翠のオブジェ
63もの意思のオブジェ
・5つの象牙のオブジェ
500もの骨製のヘアピン、20以上の骨製の矢じりを含む564もの骨製品
11の陶器
6900もの貝殻の破片

Yu候の墓は、彼が周王朝時代に重要な貴族であったことを示しています。 彼は彼の妻、Jing Jiと共に埋葬された。隣接する墓には彼の棺が含まれているかもしれません。 墓に含まれている部屋には、七人の生け贄、翡翠のような高級品、三つの馬車、陶器の容器、青銅の船、武器、道具が含まれています。

Yu候の墓(周時代
33の容器と13の武器を含む2700もの青銅のオブジェ
・4つの楽器
100を超える二輪戦車
11の陶器
280もの矢じりと石製のオブジェ

彼の妻Jing Jiの墓
280以上の矢じりと石製のオブジェ、そして10の青銅製の容器

曾侯乙(Marquis Yi)は、楚と呼ばれるより大きな国の支配下にあった小国曽の長官でした。 この国は中国史の戦国時代、紀元前403年から紀元前221年まで存在していました。曾侯乙の墓には漆塗りが施され、彼の埋葬室には八人の若い女性の棺と犬の棺が含まれていました。 13人のより多くの若い女性が墓の部屋の別の部分に葬られました。

戦国時代(後周後期) 曾候乙墓
124の楽器(鈴、鐘、鼓、弦、パイプ、およびフルート)
134もの青銅の容器とその他青銅の馬具
4777もの武器(ほとんどが青銅製)
1127もの青銅の二輪馬車のパーツ25もの革製の鎧
5012もの漆器
26の竹製品
・5の金製品と4つの金のベルトホック
528もの翡翠と宝石のオブジェ
・竹簡に筆で6696文字の漢字が書かれていた。





レッスン1
生徒用ハンドアウト


 古代中国の墓を構成する人々のロールプレイ(アクション・カード)

 農業従事者
これらの労働者は、生け贄の犬のため中心に5.6メートル四方×4メートルの小穴を掘る仕事をしていた。その周囲に沿って、彼らは16人の人骨を埋めるための穴も掘っていた。この穴の中で彼らは5メートル×3.5メートル×高さ1.3メートルの木製の部屋を建てた。その後、彼らは墓の上に墳丘を築き、祖先を敬い、祝福を求める儀式を催すために寺を建てた。
 職人
職人は、棺や埋葬場に配置するために、ハンドアウト 1.2に記載されているオブジェを作っていた。青銅(銅とスズの合金)を製造するには、銅とスズの鉱夫、鉱石の精錬所、鋳造工程で使用される粘土模型と鋳型の陶器、鋳物工場を運営する監督者、およびオブジェをデザインし装飾する芸術家が必要となった。習字の技術も、青銅の儀式用の容器に重要人物の名前を書くのに活用された。職人はまた、死んだ支配者のために漆塗りの棺を作った。
 人間の生け贄
犠牲者は、戦争での捕虜、召使い、奴隷、時として不正のあった役人たちであった。周時代には行われなくなったが、商の時代には埋葬のために生
 監視と刑執行者
生け贄となる犠牲者は運ばれ、守られなければならず、次に斧の打撃によって斬首が実行されなければならなかった。
 墓の監督者と政府関係者
彼らは墓の建設を管理し、労働者を監督し、賃金を保管し、王政府に報告した。
 死んだ人の高貴な関係者
彼らは生け贄にされる人々を選び、死者と一緒に埋葬される貴重品を委託した。







              レッスン2  読者の劇場

導入
 ニコラス・ディ・コスモの著書「古代中国とその敵」によれば、ユーラシア内陸部の民族は非常に多様であったという。農耕民族もいれば遊牧民族もいる。だが多くはその両方を営んでいる。牧歌的な遊牧民は、ユーラシア内陸部の東部地域の気候が穏やかであったため、馬、羊、山羊、ラクダ、およびウシをそこの草原で飼育した。この場所は平坦で転がり草の土地であり、年降水量も通常であれば動物の群れを維持するのに十分であった。農業もまたユーラシア内陸部で発達したが、それは川やわき水によって水が確保されているオアシスでのみである。

 黄河流域の人々もまた、多様な言語を話す多様な民族から構成されていたが、ほとんどの人は定住農民で、町に住む人はわずかであった。考古学調査と文献からの証拠によれば、黄河流域とインド、メソポタミア、エジプトの初期の文明の人々の物質文化は類似していた。歴史家はまた、河川流域と大草原の間の生態フロンティアを人々は絶え間なく横断し接触していたという事実に、一般に同意する。接触はしばしば戦争や襲撃の形を取ったが、物やアイデアの交換も含むのであった。

 何度となく、中国の国家は、遊牧民を罰するか征服するために、騎兵隊と歩兵の大隊に送り込んできた。このようにして、中国の国家は生態フロンティアを行き来する人と物の流れへのより大きな支配権を得てきた。またしばしば、中国の皇帝は、地方の部族の指導者たちに絹や穀物で豊かな贈り物を与え、国境を平和な状態に保った。中国の国家が比較的弱い時期には、時折牧畜の遊牧民が大勢を組織して中国に深く襲いかかり、北部のいくつかの地域を占領した(13世紀のモンゴルは全中国を征服した唯一の遊牧民であった)。

 中国の王朝は紀元前1000年頃から後の万里の長城となる建築物を建て始めた。彼らは、中国の農地と草原との間に不可侵の障壁を作り出すのではなく、一方で牧畜民と他方では中国北部の農民との関係をより効果的に管理し、制御することを目的とした。

活動
 生徒たちは、次の短い劇を読んで、商に支配されていた定住の農民たちと、北西にいる遊牧民「羌」の隣人とのあいだにあり得たやりとりについて、より多くのことを学ぼうとするだろう。ここでの主人公は、商と羌(ステップに住む遊牧民族の集団)との戦争で捕らえられた若い女の子である。商の墓も羌の墓も、どちらも生け贄(おそらく戦争捕虜の人間)の慣習があった証がある。この劇を読んで議論することで、生徒たちは羌が商の支配者たちや一般農民たちをどのように捉えていたのか想像することになる。

 この劇は、ある中国の考古学者が、商とその周辺の遊牧民族との間の関係について解決できない問いを考えた後の夢として枠付けがなされている。

次の問いを議論させなさい。

1.商と隣国との間に常に対立があったことについて、どのように説明するか。

. 羌の女の子であるリリは自分が殺されるかもしれないことをどのくらい知っていたか。

3.商王は自らの娘と隣国の支配者とを結婚させることで、何を得ようとしているのか。

.もしリリの父が鉄製の鋤を使い始めたなら、どのくらい父とその家族の生活は変化するのか





レッスン2
生徒用ハンドアウト:劇の台本

ナレーター:ある新人の中国人考古学者(商の墓地で見つかった証拠物の分析の仕事を割り当てられている)の一人が、現場報告に頭を悩ませて仮眠に入っている。彼はさっきまで商が遊牧民の馬飼いの隣人たちと貿易取引の交渉をしてきたのか疑問に思いながら、陶器の馬を眺めていた。彼は、馬に乗っている少女を想像した。おそらく彼女の名前はリリだったはずだ。彼女は草原を馬と共に走るのが大好きだった。彼女の家族は、より強力な遊牧民集団である羌の支配下にあった。リリの家族は馬飼いだったが、食料用の農作物もわずかながら育てていた。

当時の華北平原の地図については英語版を参照のこと

リリの母「リリ、起きなさい」

リリ  「今日は戦の日だっけ?」

リリの母「そうよ。起きて。二輪馬車を準備しなさい。」

リリ  「私の馬が一番よ」

ナレーター:リリは馬の元に向かい、二輪馬車を付けた。彼女は二輪馬車を操れるだけの背丈が欲しかった。彼女の兄が代わりに二輪馬車の運転をしていた。戦の間、リリの兄は矢を受けて傷つき、馬を助けようと彼女が飛び出した時、商の兵士に彼女は捉えられてしまった。兵士は彼女を他の戦争捕虜と一緒に、生贄として処刑するために安陽の街に送った。これらの捕虜は商王の后、婦好女史の新しい墓に埋葬されることになっていた。

リリ  「逃げなきゃ。でもどうやって?たぶん夕食を彼らが持ってくる時がある。その時に逃げよう。」

看守  「これがお前の食事だ。うわぁ。なんてすばしっこいんだ。まあいい。ここには明日の生贄になる女の子がたくさんいるからな。」

リリ  「なんとか逃げ出したけど、どうやって戻ろう。ん?あの包みを持っている集団は何をしているのかしら?」

商の役人①「おそらくこの王女は華北平原に一時の平和をもたらしてくれるだろう。」

商の役人②「羌との政略結婚は良い考えです。我が14代目の王は羌だったのだが、近年の羌の支配者は、その支配域である華北平原の人たちから多くの支持を得ているようだ。このことを忘れてはならない。」

商の王女(嗚咽している)
リリ  (近くにうずくまりながら聞き耳をたてて)「なんで彼女は泣いているの?彼女の服はすべて絹でできているわ。彼女は何を手に持っているの?」

王女のお付「泣くのをおよしなさい。可愛いお顔が台無しですよ。何を読んでいらっしゃるのですか?」

商の王女「これは祖先が私の父に私を羌の王族に当てた質問と回答のコピーなの。」

王女のお付「なんて書いてあるのです?」

商の王女「余は娘を羌王室の誰かに嫁がせるつもりである。羌の14代国王はこれに同意されているのか。この結婚で我々の間の戦いは終結するのか。この問いへの回答はどちらも『イエス』だ。」

リリ  「私、彼女たちについていくことで家に帰らなきゃ。もし彼女たちが羌の王室まで行くというのなら、その途中で私の住居を通るはず。」

ナレーター:リリはこの輿入れ部隊に何とか加わった。この一行は途中、羌の領土に入る途中で城壁の要塞に一日滞在した。リリは神事用の骨に書かれている銘文について書き写した竹簡をさっと王女から盗んで、中国語の一部を書き写した。翌日、リリは家族と一緒に家にいた。

リリ  「商の人は多くが羌と同じような様子であり行動をしていた。この竹簡に書いてある文字を見てみて。銘文には、彼らが私たちと同様に二輪馬車、馬、強力な弓を用いていることが示されている。」

リリの父「この別の印は何?」(この印の写真については、英語版を参照のこと

リリ  「これは農作物を植えるために地面を耕すのに役立つようなタイプの道具を描いているのだと思う。私は要塞の知覚で何人かの農民たちがこれを使っているのを見た。農民は悲しそうだった。彼らの育てた農作物は、兵士や安陽から来た商の新住民に取られていた。」

リリの父「どうやってこの道具を作ったのだろう」

リリ  「わからない。だけどこの道具は、あなたの足で圧迫するためのクロスバーと2つの角の部分がある。」

リリの父「うん、これは鋳鉄から作られているに違いない。これはとても重い。この道具を引くために彼らは牛たちを活用していましたか?」

リリ  「私が見たのは、この道具を引いていたのが1頭だったということだけ。あとの農家は自力で道具を持ち上げて、引きずっていた。彼らはとても屈強に見えたし、この道具は、黄土をとても簡単に耕すように思えた。」

リリの父「そうか。おそらく次の貿易交換で、私たちはこうした新しい道具の一つを得ることを手に入れたいと要求することができるだろう。そうすれば、これが次の春にはより多くの植物を育てるのに役立つことになるだろう。」

ナレーター:考古学者は目を覚まし、そして彼の夢が華北平原や東アジアの初期の複雑な社会の諸要素の最新の解釈の全てをかなり活用していたのが面白いと考えた。誰が知ったのか。おそらく、リリのような女の子が生贄から実際に逃げ出して、商王朝のライバルによって統治されたグループに鋳鉄の鍬についてのニュースをもたらしたのだろう。






               レッスン3 孔子曰く

導入
 孔子先生(孔子:紀元前551年~紀元前479年)は、周王朝が終わって戦国時代が始まる少し前の人物である。彼の教えは、支配者と貴族が政治的、社会的混乱の時代に社会秩序を作り出すのを助けることを目的としていた。彼と彼の弟子たちは、礼儀作法と政治理論についてのいくつかの本を編集したことで今日でも賞賛されている。これらは中国文学の古典となった。そうした古典の中でも特に重要なものの1つに、『礼記』(Book of Rites)がある。それは、紀元前8世紀から紀元前5世紀までの中国の宗教慣習の詳細を記述したものである。紀元前200年頃に出版された『礼記』は、服装の種類、祖先に奉仕する食べ物、演奏される音楽、違法行為の処罰など、葬儀のための適切な行動と儀式を説明した。孔子が死亡した約100年後、孔子の考え継承した重要人物の一人である孟子が、偉大な師の語る言葉を1冊の本(これは『論語』と呼ばれている)にする準備をした。

活動
 『論語』と『礼記』の次の引用を活用し、好女史(レッスン1に掲載)の墓の制作者は儒教での埋葬のルールにどこまで従っているのかについて、孔子はどんなことを言うと思われるのか判断させなさい。どうして儒教はいつにおいても正しい行動をとることをこんなにも重視しているのかについて、教室で議論するようにさせなさい。儒教の経典は、古代中国社会について、どの程度まで具体的な文化的特徴を反映しているのかについて議論させなさい。

教室での議論を始めるに当たっては、次の問いを用いること。

.孔子は死者の埋葬の扱いについて重視であると語るのに、生きている人間の救済については同じような努力をしようとしない。これはなぜだとあなたは考えるか。

.孔子の教えは死者の尊重であるとあなたは考えるか。

.死者の埋葬において孔子が薦める重要な儀式のアイテムとは何か。これは好女史、曾侯乙らの埋葬の際にも同じアイテムがあったか。こうした違いをどう説明するか。

.『礼記』には、側室と一緒に埋葬して欲しいと願った父親の要求を拒否した息子の話が含まれているのはどうしてなのか。好女史、曾侯乙らの墓も、『礼記』が奨励していたことに従っているのか。




レッスン3
生徒用ハンドアウト3.1


                     子曰く

【論語(と英語版ではなっていますが『礼記』からの引用と思われます)】
孔子曰く、死に之きて之を死せりとするを致すは、不仁にして爲す可からざるなり。

孔子が言った、『弔いに行って死者を死んだ者として見るのは、不仁であって、してはいけない行為である。しかしまた生きているように見なすのは理不尽である。死者に供える明器は、格好が同じでも実用にならないので、聖なる死者に捧げるに相応しいものである。例えば、竹の容器は実際には使えない。粘土の容器も洗うことが出来ない。木の容器も彫ることができない。琵琶は糸が張っているが、それは均一にではない。角笛は完璧なものであるが、正しい音律が出ない。鐘や音の出る石もそこにあるが、いずれも台がない。これらが明器と呼ばれる。

【礼記】
人死すれば、斯に之を悪む。

供物が供えられるとき、それらは月の始めの日の供物のようにするべきである。人が死ねば人はこれを憎み、役に立たないものとしてこれを軽んじる。そこで遺体に衣服を着せるのは、人々が忌み嫌わないようにするためである。また霊前に食べ物を備え、埋葬後に供物を備えるのは、未だに死者が供物を食べたところを見た者はいないが、昔からのこのしきたりが続いている。これは死者を軽んじないためで、儀式に欠陥があるわけではない。

カーン・カンシが病気になったとき、彼は親族を集め、息子の順義(Zun-ki)に告げて言った。「私が死んだら、大きな棺を用意してくれ。そして二人の妾をそれぞれ両側に入れてくれ」。彼が死んだとき、彼の息子は言った。「死者と生きている人を埋葬することは、礼儀に反する。ましてや、同じ棺の中に彼女たちを入れて埋めてしまうなんて」と彼は言った。このことから、彼は2人の女性を埋葬して殺すようなことをしなかった。



本単元と3つの本質的な問い

 人間と環境 黄河(黄河)谷、ティグリス・ユーフラテス川流域(メソポタミア)、ナイル川流域(エジプト)の気候と地理を比較する。この地域の環境要因は、これらの3つの領域での複雑な初期の社会の発展の様相にどのような影響を与えたのか?今日、アメリカでの大きな川の流域の経済的に重要は何か?ハドソン、オハイオ、ミシシッピ、コロンビアの河川などの例を挙げる。 
 人間と人間  なぜ大規模な建物のための資源を持つ社会の大半が、支配者やその他の有力者の女性と男性のための巨大な墓を建設したのか?どのような社会的、政治的目的のためにこうした記念碑的墓があるのか?なぜアメリカ人はワシントン、ジェファーソン、リンカーン、グラントなどの有名な指導者に捧げられた大きな記念碑や墓を建てたのか?一方、過去のほとんどのアメリカの指導者は、なぜ豪華絢爛な墓ではなく比較的穏やかな墓に埋葬されているのか?指導者の埋葬の様子は、その社会が持つ価値観について教えてくれるだろうか?
 人間とアイデア  儒教が宗教に分類されるべきか?その理由は何か?

他の教授単元との概念的つながり
 ランドスケープ単元4.3(サハラ砂漠何部の移民と変化:紀元前1200年~紀元後200年)は東アジアから同じ時期のサブ・サハラ地域のアフリカに主題を移す。中国の黄河流域に匹敵するアフリカの唯一の主要な河川文明は、ナイル川流域に沿って発達した社会であった。しかし、これらの社会には、エジプトだけでなく、クシュという谷の上の地域も含まれるのであり、そこでアフリカ人は複雑な社会を構築した。遺跡のいくつかにいては、今日でも見ることができる。サハラ以南のアフリカ大部分では、紀元前1000年頃から紀元の変わり目くらいの頃まで、西アフリカの熱帯雨林帯から大陸の南端にまで農民や家畜飼育者の移住と定着が進み、交易も栄え、町や国にまで安定して人口を増やしていた時期であった。中国の農家が中華人民共和国の揚子江流域の南に新しい土地を開拓していたように、Bantu族の言語を話す他の先駆者たちは、鉄の道具を使ってアフリカの森林や南草原の様々な作物を栽培していた。その過程で、すでに中部および南部アフリカに住んでいた石器を使用している人や牛を飼っている人々は、バントゥ語を話すニューカマーと様々なやり方で交流していた。アフリカの南半分に鉄を使用する技術と社会的方法をもたらしたこの動きは、世界史における重要な発展を表している。